読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

暮らしの武将

暮らしや仕事に役立つ戦国武将の知恵やエピソードをご紹介いたします。

贈り物をいただいたら

こんにちは。
サエモンノ輔でござる。

 

結婚祝い、新築祝い、出産祝い、誕生日etc…人生には折々に触れプレゼントをいただく機会がありますよね。

あなたはちゃんとそのお返しをしていますか?

いやいやその前に。
いただいたそのプレゼント、
一体どんな価値があるものなのかをちゃんと調べていますか?

その価値を知らずにお返しをしてしまうと、
とんでもない事になってしまうかも知れませんよ。

 

そう、彼のように。

 

彼の名前は北条氏政

氏政は小田原に本拠を持つ北条氏の四代目の当主です。
戦っては、上杉謙信武田信玄徳川家康といった超A級戦国武将と渡り合いながら、関東一円に勢力を拡大。
領国経営にいたっては、
低税率で年貢を設定し、
時には自ら畑仕事に従事する事もあったという領民思いの大名。

どうです?なかなかの名将・名君だと思いませんか?

 

ではなぜ、それほど有名ではないのか?
いやいや実は氏政。違う評判で有名なのです。

 

それは、
先々を見越せず豊臣秀吉に負けた凡将
というもの。

先祖の誰よりも領土を広げ領民からも慕われたのに、
後世の評判は、
「関東で意地を張って秀吉の大きさを見誤るなんて、なんと愚かな大名なんだ。」
という散々な氏政。

そんな悪評を後世に残す事になってしまう遠因となったエピソードをご紹介します。

 

氏政が徳川家康と同盟関係にあった頃の話です。
当時の状況は、
西では豊臣秀吉が着々と日本統一に向けて準備をしており、
東国の大大名・家康と氏政は協力して秀吉にそなえなければ…という時期です。
そんな折り、家康から氏政へ南蛮からの輸入品で珍品だったオレンジが贈られてきます。
ところが氏政は、
それをよく似ている日本の橙と勘違い。
「なんだ、徳川は橙が珍しいのか?それならもっと沢山送ってやれ」
と、橙を大量に送り返したそうな、
めでたしめでたし…って、オイ!

そりゃないよ氏政。
だってオレンジだよ?
鏡餅の上にのってたら違和感あるでしょう⁉︎
百歩譲って、オレンジを橙と間違っていたとしたって、
お返しに同じ橙を送っちゃダメでしょう〜。
「橙くらいうちにもあるぜ。珍しくもないぜ。」
っていってるようなもんだよ⁉︎
これから徳川と仲良くやっていかなきゃいけない時なのに、相手の顔に泥を塗ってどうすんのさ〜。

 

案の定、
家康は氏政の事を、
「物の価値が分からず、人の意図を理解できない奴だ…」と嘆き、
北条との同盟関係を見直します。

結局氏政は、
徳川家康という協力な同盟者をなくし、
豊臣秀吉に単独で戦うことになり、
滅亡への道を進む事になってしまいます。

 

さて、皆さんはいかがですか?

上司の出張土産が、
実は有名な老舗のお菓子だったりしてませんか?

ママ友からのお裾分け、
実はブランドフルーツだったりしてませんか?

いただき物をしたり、何かしてもらった際は、その価値をしっかりと見定めて、キッチリお礼・お返しをしましょうね。

でないと、あなたの今後の評価が大きく変わることになりかねませんよ…。


北条 氏政(ほうじょう・うじまさ)
1538〜1590
後北条氏四代目当主。
関東一円に勢力を広げるも、
豊臣秀吉によって滅ぼされる。
なかなか結論のでない会議の事を「小田原評定」というが、これは秀吉に攻められた際に決戦か降伏か決められなかった氏政に由来する。

 

次回更新は11月27日予定です。